転職の面接もコニュニケーションから始まる

面接もコミュニケーションで成り立っていると心得る

 転職活動の面接では、なぜ転職することになったのか、なぜ当社に応募したいと思ったのか、ということについて面接官は知りたがります。応募者の本音を探るために、面接官は、面接中のやりとりから矛盾点が見つかれば、その点について追求してくることもあります。面接での追求の質問は、緊張感を高めますが、採用の余地があるからこそ、聞くということがあります。面接官も日々の業務の合間に人選をしているので、まったく論外の応募者であれば、早々と面接終了という傾向もあります。だからこそ、自分は採用判定のうちに入っていると自信を持って回答する姿勢で臨めば、少しは緊張感も和らぐはずです。面接も、コミュニケーションで成り立っています。会話のやりとりから、あなたという商品が会社にどういうメリットをもたらしてくれるのか、とうことを知ろうとしています。転職活動では、自分と仕事との関係に軸があれば、矛盾がある回答が多少あっても、動揺せずに、面接官からの矛盾点に関しての質問にも、慌てずに軌道修正する回答を述べられるようになります。
自分自身の仕事の軸は、自分が仕事に対してどういう考えをしているのか、自分ができることは何か、実績はどんなことなのか、などを明確にしていくことで、自分の仕事に対する軸はしっかりとしたものになっていくはずです。

面接のコミュニケーションの基本

 面接中に勢い余って、面接官が話をしている最中に、応募者から話をしてしまわないように落ち着いて最後まで面接官の話を聞いて、コミュニケーションをとるべきです。話を中断させて、やる気を見せようと自分からさまざまな話をしてしまっては、面接の意味がありません。面接官の質問に応募者が回答していく形が面接の基本姿勢です。そこから、逆質問でやる気を見せるということは、展開次第の話で、面接官の話を中断させてまですることではありません。コミュニケーションの基本からろくにとることができないと思われてしまうと、仕事の基本でもある報連相(報告連絡相談)すらも危ういと思われかねないので、注意しましょう。面接からも、こういった点から仕事に対してどういう姿勢で働くのか、が垣間見えるものです。人の話を聞かない、と判定されると安心して一緒に仕事をしていける人間ではないと思われます。