転職で応募者が最初に行うべき活動とは

求人に関連する情報を入手する

 最初に転職活動を行う時、多くの転職希望者は求人関連の情報を収集する作業を行う場合が多いです。基本的には求人誌やハローワークで様々な業種と職種の募集要項を確認して、入社したい会社に自由に応募をする事が一般的です。情報を集める場合に空の求人の事を考えて、ハローワークなどで集めるだけでは不十分と言えます。人材紹介サイトなどで登録するなどの行動をして、情報を収集しながら求人の紹介を受ける方法も効果的です。

給料や待遇などを確認する

 求人の募集要項を確認する時に、給料などの待遇の事にも関しても調べます。どのような形態で給料が支給されるのかを調べて、固定給か時給かなどの細かい部分まで確認します。企業によっては入社した時からの試用期間を定めている所が多いので、本採用になるまでの給料などを下調べしておくと良いです。また、通勤費や貯蓄制度などのシステムなどを丹念に見ながら、入社した時に困らないように細部まで調べます。

積極的に転職活動の行動をする

 スカウトなどのシステムを除いて、転職活動でただ単に待っているだけでは良い企業を見逃してしまう可能性があります。景気で判断して、転職活動を控えるなどの考えも避けます。良い仕事や企業が募集を掛けてくるまで待つという考えを持たずに、様々な出会いという観点で積極的に多くの企業に働きかけていく姿勢が重要です。