転職するためには自己分析が必須

応募よりも大切なことがある

 転職するためには、企業に応募して選考を受けなければなりません。しかし、実際に応募することよりも大切なことがあるのです。それは、しっかりと自己分析をすることです。転職活動をする人は、新卒の場合と異なり、それなりに社会経験を積んでいる状態なので、さまざまなスキルが身についています。自分のスキル・強みを整理することが、最初に行うべきことなのです。

応募書類の正しい作成方法を知る

 転職活動で企業に応募する際は、履歴書・職務経歴書を郵送するのが一般的です。転職活動においては、面接の比重が高いため、面接対策に力を入れる人は多いのですが、応募書類の作成が疎かになってしまうと、なかなか面接に進むことができません。そのため、高い評価につながりやすい履歴書・職務経歴書を作成する方法を身につける必要があるのです。

きちんと添削を受けることが必要

 応募書類の作成に自信がある人でも、細かく見ていくと不十分になっている場合があります。そのため、転職をサポートしているアドバイザーの添削を受けることが大切です。とりわけ採用担当者が重視しているのは、履歴書に記載する志望動機なので、採用担当者の目に留まりやすい志望動機を書くスキルを磨かなければなりません。趣旨は同じであっても、記入方法を少し変えただけで、評価がガラッと変化することも多いため、添削が重要なのです。