志望動機が原因で落とされない為にできる事とは?

 転職面接に限らずアルバイトの面接でも必ず志望動機を履歴書に書いたり聞かれるかと思いますが、この志望動機が他の志望者と差を付ける大きなプラスになります。あまり考えないで志望動機を書いているという方もいるかもしれませんが、よくあるような志望動機では面接すらたどり着けませんので、面接官の心象UPのためにもしっかりとした志望動機を考える心構えをご紹介します。

なぜ転職したいのか?

 転職したい理由として、前職での給与や待遇の悪さなどが挙げられるかもしれませんが、いざ履歴書へ志望動機を考えてみた結果、何も志望動機が思い浮かばないようなら、本当にその会社へ転職したいのかを考え、自問自答してみる必要があります。

志望理由にストーリー性を持たせる

 例えば、志望した会社の商品を購入した事があった場合、その商品との出会いで自分がどう感じたのかを書いてみたり、自分が持っている会社に持っているイメージや入社したらどんな事にチャレンジしたいかなど、入社してからの明確なビジョンを志望動機にするのもポイントです。

変に背伸びしない

 心にもない事を書いてしまうとたちまち見透かされてしまったり、カッコイイ事ばかりを書いていても、自分が思っているほど相手には伝わりません。面接官は長く勤務してくれる人材を探していますので、納得して雇える人材を探しています。会社や商品について情熱を持っているなど、なるべく親近感を感じさせるような志望動機を作成するようにしましょう。